■家政学図書目録刊行会「今、オススメの1冊」


『栄養ケア・ステーション』全国47都道府県栄養士会から発信します

(社)日本栄養士会では、2002年から、地域における栄養(食育)活動・支援の拠点として「栄養ケア・ステーション(栄養CS)」を設置してきました。地域社会において介護などに係る居宅療養や食育活動などが進むなか、栄養CSは、これらの事業をはじめ、母子から高齢者までの専門領域の保健活動事業を、これまで以上に円滑かつ適切に実施するために、地域密着型の保健サービス活動拠点となるようすすめています。


栄養CSは、地域に顔のみえる管理栄養士・栄養士を増やします

 図1は、栄養CSの事業体制の概念図を示しています。現在は、47都道府県栄養士会において、栄養CSを立ち上げ、それぞれの情勢にあわせた整備をすすめています。将来的には、より地域に密着し、住民に身近な拠点となれるよう市町村レベルの整備を目指しています。

栄養CSは、管理栄養士・栄養士の活動拠点です

 栄養CSは、特定健診・特定保健指導、介護予防事業や生活習慣病予防のための事業、研修会・講演会の講師など、さまざまな専門領域の保健事業サービスを担います。ボランティア的な活動だけではなく、営業分野への強化を図り、自立・採算性を基本コンセプ卜とした収益事業を展開します

栄養CSは、管理栄養士・栄養士に期待しています

 栄養CSは事業展開を図る拠点としてだけではなく、管理栄養士・栄養士聞の情報交換、情報共有の拠点でもあります。管理栄養士・栄養士がそれぞれ対応している症例や活動事例情 報を持ち寄り、業務のスキルアップを図れる拠点として、さまざまなエビデンスを蓄積、管理し、発信できる拠点を目指します。

 また、本会が2008年秋より検討してきた「食事療法用宅配・通販食品の認証制度jが2010年4月よりスター卜します。本会が定める要綱等をもとに審査し、消費者に対し信頼できる在宅療養食品として提供することを目的としています。在宅療養がすすむなか、消費者ヘ安心を届ける重要なスキルが求められます。

((社)日本栄養士会より)

図1 栄養CSの事業体制の概念図

表1 栄養CSの事業内容
1. 保健指導事業・介護・在宅向けの人材提供(紹介)
2. 企業、給食施設、外食産業、診療所、薬局などへの人材提供(紹介)
3. 保健指導・相談(請負)事業
4. 食事療法(栄養)相談、指導事業
5. 消費者の自己管理サポート事業
6. 食育や健康セミナーなどに関する講師派遣
7. 健康関連イベント、講習会、セミナーなどの企画・運営
8. ヘルシーメニュー・献立開発
9. 食料品関連情報の収集および情報提供サービス・販売業など